1日に必要なイソフラボンは?

1日に必要なイソフラボンは?

青汁に豆乳を混ぜて飲むなら、大豆イソフラボンの効果をしっかり実感できる量を摂るのがポイントですね♪1日に最低50mgくらいは摂取したほうがよいといわれているため、豆乳にどのくらい含まれているのか知る必要があります。

 

1日2パックの豆乳を飲むと、50mgのイソフラボン摂取量は達成できます!納豆なら1日2パック、豆腐なら1丁、味噌なら大さじ8杯程度が必要です。豆乳は青汁と混ぜて飲めば、2パックくらいは直ぐに達成できるため効率がいいですね♪

 

日本人は大豆食品を豆乳以外でも摂取していると思いますから、最低でも1パックは飲みましょう。量でいうと200mlで、コップ1杯にあたります。青汁を豆乳200mlに溶かして毎日飲んでみてください♪

 

豆乳1パックだけだと約41mgと多少足りてはいませんが、食事に味噌汁や豆腐などを加えれば楽々クリアです!大豆食品や納豆などを積極的に食べるようにしてみましょう。

 

しかし、現実的には日本人の大豆イソフラボンの摂取量は減ってきています!和食を取り入れる人が減少しているのも理由です。味噌汁、納豆、ご飯、おかず、のような純粋な和食をできるだけ取り入れる必要がありますね。

 

ある調査によると1日18mgしか摂取できていないともいわれているため、青汁に豆乳を入れて大豆イソフラボンの摂取量を増やしてみてください。