大豆イソフラボンの副作用は?

大豆イソフラボンの副作用は?

青汁に豆乳を入れて飲むと、手軽に大豆イソフラボンが摂取できるといっても、過剰摂取には注意してみてくださいね♪天然の成分で副作用は少なくなっていますが、過剰摂取でエストロゲンの量が多くなるリスクもあるといわれています!

 

1日の理想の量は50mg程度です。青汁に豆乳をコップ1杯加える程度ならオーバーしなくても大丈夫です♪2杯くらいまでなら許容範囲で問題ありません。注意したいのは1日1リットル以上飲むなど大量の場合です。

 

閉経後の女性でエストロゲンの分泌量が少ない方でも、最大75mgまでが許容範囲だといわれています。
・ 男性の過剰摂取で胸が大きくなった
・ 子どもの過剰摂取でホルモンバランスの変化
・ 乳がんのリスクを増やすとも?

 

豆乳はヘルシー、低カロリー、健康に良いというイメージがあるからなのでしょうか?大量に飲んでしまう方も一部いるみたいです。乳幼児に大豆ペーストを大量に与えた例で甲状腺腫、乳幼児に調整豆乳を大量に摂取して先天性甲状腺機能低下症などの診断された例もあります。

 

問題とされやすいのはサプリメントとの兼用で過剰摂取になったり、豆乳を大量摂取したり、乳幼児の大量摂取です。健康目的なら1日1杯〜2杯くらいに留めましょう♪